Home > 67.7%

67.7%

「67.7%」

これは、私の政治家を志すに至った数字です。2002年に世界各国の中学生に向けられて取られたアンケートの中で「自分に価値が無い」と答えた日本の中学生の割合です。他先進国では20%にも満たない数字です。

私は戦慄を覚えました。だだでさえ少子高齢化が進行する中で、その少子にあたる子ども達までもが将来への夢や希望、自尊心を失っている。このままでこの国が良い方向に進むでしょうか。

地域から国を変えることだってできます。習志野が良い政策を実行し成果をだせば、全国の自治体に広がります。「習志野が変われば、日本が変わる。」そう信じられる事こそが必要なのです。

「日本の未来」とは「子ども達の未来」です。決して簡単では無い。でもだからこそ今、一石を投じなければならない。それが私の想いです。